さいたま読書倶楽部
                               

2013年12月21日の読書会

■12/21(土)の14時30分から当会38回目の読書会が行われました。

■今回は浦和コミュニティセンターで行いました。

 
■参加メンバは女性18名、男性11 計29名。

■今回は4テーブルでの実施となりました。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)
恋(小池真理子)
Love is walking hand in hand(チャールズM.シュルツ)
きみの町で(重松清)
女たちは二度遊ぶ(吉田修一)
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち(山田詠美)
沈黙の海(菊田郁)
悪人(吉田修一)
人類資金1(福井晴敏)
ヘンな日本美術史(山口晃)
芸術実行犯(Chim ↑Pom)
高い窓(レイモンド・チャンドラー)
アパシー(片山飛佑馬)
幸福な食卓(瀬尾まいこ)
光の山(玄有宗久)
だから荒野(桐野夏生)
万能鑑定士Qの事件簿(松岡圭祐)
MEMORY(本多孝好)
銀のスプーン(小沢真理)
風の海 迷宮の岸(小野不由美)
魔性の子(小野不由美)
風林火山(井上靖)
大泉エッセイ(大泉洋)
わたしのマトカ(片桐はいり)
大奥(よしながふみ)
きのう何食べた?(よしながふみ)
狛犬ジョンの軌跡(垣根涼介)
残り全部バケーション(伊坂幸太郎)
13階段(高野和明)
暴力について 共和国の危機(ハンナ・アーレント)
射こまれた矢 能登恵美子遺稿集(能登恵美子)
冷血(トルーマン・カポーティ)
「坊ちゃん」の時代 全5巻(関川夏央 谷口ジロー)
イサム・ノグチ(上・下)(ドウス昌代)
グリード(真山仁)
Q.E.D(加藤元浩)
聖書を読む(中村うさぎ・佐藤優)
ハンナ・アーレント伝(エリザベス・ヤング)
亜美ちゃんは美人(かわいそうだね?内)(綿矢りさ)
書店ガール(碧野圭)
2030年世界はこう変わる(米国国家情報会議)
64(ロクヨン)(横山秀夫)
逃げてゆく愛(ベルンハルト・シュリンク)
学問の方法(ジャンバッティスタ・ヴィーコ)
眼球譚<初稿>(ジョルジュ・バタイユ 生田耕作訳)
フラワーフェアリーズ(シシリー・メアリーバーカー)

■記載者のつぶやき
今年も一年間、無事に開催することが出来ました。みなさんの協力あってのことです。ありがとうございました。
読書会終了後に忘年会を行いました。クイズはなかなか好評だった(?)でしょうか。

※さいたま読書倶楽部HP
http://www11.ocn.ne.jp/~bookclub/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター