いわつき国際交流会日本語プラザ
                               

2019年 親子クラブの活動報告

 今年の親子クラブは子どもの参加は少なめでしたが、子育てが一段落したママたちが新たな目標を持って学習しました。十数年ぶりに復帰した学習者はスタッフとして参加しています!

 HPで活動を知って訪ねてきた親子もいれば、ご主人の転勤で岩槻を去らなければならなくなった人もいました。メンバーは入れ替わりますが、和気あいあいの親子クラブは変わりません!

 秋には保育スタッフ二人に赤ちゃんが産まれました。来年の親子クラブデビューが待ち遠しいです。

今年は、1対1で落ち着いて学習できました。「漢字を覚えたい」「子どもの学校の手紙でわからないことがある」「来日中に出来るだけ日本語を学びたい」
課題は違っても、それぞれ真剣に勉強しました。
来日以来ずっと子育て中心だったSさんは、やっと日本語の勉強に集中できるようになりました。今年はじめて日本語能力試験N5に挑戦。毎週みんなより30分早く来て約2時間一生懸命勉強しました。担当のスタッフも力が入ります。合格の報告を聞けるよう祈っています。
Sさんはご主人の転勤で県外に引っ越すことになりました。1歳を迎えたRくんの健康と成長を願って短冊に書いていました。「Sさん一家が新しい土地でも元気に楽しく暮らせますように!」それがみんなの願いです。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター