いわつき国際交流会日本語プラザ
                               

日本語プラザ 岩槻祭りで日本文化体験!

いわつき国際交流会日本語プラザでは、毎年岩槻祭りの日に 学習者、スタッフ、賛助会員、そして、その家族や友だちがお祭り会場にあつまります。

一緒に食事をしたり、お話をしたりして交流します。
恒例の記念写真も撮ります。
希望者はゆかたの着付け体験も出来ます。

今年は、フィリピン、中国、ベトナム、パキスタンからきた15人の外国人学習者がゆかたを着てお祭見物にいきました。

(岩槻祭り開催 2019年8月18日)


ベトナムのCくんが、友だちがつくった笛を持ってきてみんなに紹介してくれました。
竹で出来ている笛は、とてもやさしい音色で、メロディーもなんだか懐かしい〜感じでした。
スタッフが準備した食べ物やみんなからの差し入れもあり、テーブルの上いっぱいに並びます。どれもおいしかったです。
日本語プラザの活動を掲示して紹介しました。はじめて参加する学習者に、月曜教室、親子クラブでの勉強の様子や、いろいろなイベントがあることを見て知ってもらえました。
フィリピンからお父さんも来てくれました。
「にほんのゆかたをはじめてきました。」
男性のゆかた姿もなかなかカッコイイですね。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター