さいたま市みどり愛護会支部長会議
                             

団体名 さいたま市みどり愛護会支部長会議
団体名 ふりがな さいたましみどりあいごかいしぶちょうかいぎ
団体キャッチコピー この樹なんの樹気になる樹、これが緑愛護会

代表者
氏名 長澤 義則
氏名 ふりがな ながさわ よしのり
 
住所  

団体連絡先
氏名 佐々木 明男
氏名 ふりがな ささき あきお
 
住所  
電話番号  
FAX番号  
E-mail zatuaki522@kkd.biglobe.ne.jp
連絡可能時間 15:00〜19:00

基本情報
ホームページURL  
活動カテゴリー 生涯学習、社会教育、生きがい、文化、芸術、スポーツ、まちづくり、住環境、自然、環境、生き物共生、自治会、地域活動、区民会議、市民活動支援、企業の社会貢献
活動開始年月  
法人格の有無 なし
法人格取得年月  
主な活動エリア さいたま市全域
主な活動場所・施設 市内15ヶ所の緑地公園および自然緑地
活動日 緑地の保全作業および植生調査その他
活動頻度 1ヶ月に1〜2回、各支部によってちがいがあり
活動時間帯 支部長会としては、各支部の活動への協力
会員の主な年齢層 60代 70代 80代
会員制度の有無 なし
入会金の有無 なし
会費の有無 なし
会報名 みどりのボランティア 年一回の発行
市民へのアピール  近年、地球温暖化や大気汚染問題が顕著になり、緑の大切さが見直されてきている。ところが、現状では緑としてあるべき姿は一変している。土地の乱開発や景観重視のため、わずかに残る斜面林までが宅地化されてきている。
 今こそ、里山保全の大切さを一般の人々に知ってもらい、多くの人々が力を出しあい、緑を守る作業に加わっていただきたい。
活動内容紹介  支部長会としては年四回の支部長会議、年一回の会報発行を行っています。
 日常業務としては、樹木の再生事業、自然緑地の保全活動、環境教育の普及、緑地の植生調査、会員の研修、見学会の実施など。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター