ホーム > 市民活動Q&A > 2011年に変更されたNPO税制のポイントとは何ですか?
Q. 2011年に変更されたNPO税制のポイントとは何ですか?
A. 団体の財政基盤を強化するための寄付が優遇されます。
2011年6月15日NPO法の改正(翌年4月1日施行)にともない、6月22日寄付税制が改正されました。1995年のNPO法の成立から初めての大きな改正です。団体の財政基盤を強化するための寄付が優遇されます。
次の4点が変更した点です。
―蠧誓任寮燃杞欺制度の導入
認定NPO法人へ寄付をした場合、所得税(国税)の寄付金控除が受けられます。2011年1月に遡って適用。所得税の控除割合40%になります。
認定NPO法人の認定要件の緩和
国税庁から認定をとるためのパブリックサポートの要件が緩和されました。3000円×100人以上の寄付者があれば大丈夫です(他にも要件あり)。
C楼茲砲ける活動するNPO法人などの支援(個人住民税10%控除されます)
て本版プランドギビング(特定寄付信託税制)
個人がお金を信託銀行に預け、寄付したい団体(学校法人、社会福祉法人、公益法人、認定NPO法人など)を選び、毎年一定割合の金銭を寄付する仕組みです。

※参考
内閣府 NPOホームページ
https://www.npo-homepage.go.jp/ 
 
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.