ホーム > イベント > ヒプノセラピー体験
件名 ヒプノセラピー体験
主催 くらしとすまい企画 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
日時 随時実施 (平日 19:00〜   土日祝祭日は、要相談) 
締切日 先着順とさせていただきます 
会場 浦和駅東口 さいたま市市民活動サポートセンター コムナーレ9階など 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員 1名〜3名程度/回 (原則は個別セッションですが、複数人でも可能です) 
対象者 こどもから大人まで興味のある方、体験してみたい方など 
申込方法 事前に連絡(メールが確実)、携帯可(ただし18:00以降) 
費用 5,000円程度(共用費・資料費・交通費として)その他必要経費は別途 
内容詳細 ヒプノセラピーとは、心を集中させて潜在意識(無意識)へのアプローチを試み、集中力を高めることで自分自身を癒し、癖や習慣の改善、悩みの解消などを行うものです。うまく集中できると、心の持ち方や考え方まで変えることができます。瞑想やヨガなども潜在意識へのアプローチのひとつの方法です。

■このときの心の状態は、催眠状態にあります。催眠は有効な治療法として米国医師会等にも認められています。この技法を用いて人の心を癒し、リラクゼーションします。明確に取り組みたい問題や悩み、目標がある方はもちろん、何か具体的には説明しづらい心のモヤモヤを解消したい方には、とても効果があります。そして体の状態は、とてもリラックスして意識はとても集中するので、潜在意識がオープンになり、ポジティブ(前向き)な提案をとても受け入れやすくなります。

■今回はヒプノシスを取り入れてまだ間もないこともあり、無料での体験としています。「心豊かなくらし」をめざして、これからの活動を見いだすためにも多くの人にヒプノシスについての真実を知っていただきたいと思っています。友人などお誘い合わせの上、お来しください。体験後は、感想やリラックスの状態など、遠慮なきご意見をいただければ嬉しいです。

※ヒプノシス(催眠)は、1955年に英国医師会(British Medical Association)、1958年には、米国医師会(American Medical Association)と米国心理学会(American Psychological Association)からも有効な治療法として認められています。1950年には、日本教育催眠学会(JEHA)が設立され、教育現場や家庭における心や行動の問題や課題の解決やスポーツ分野でのメンタルトレーニングにもその効果が認められています。
 
問い合わせ先 くらしとすまい企画
筺070-6430-1968(18時〜)048-862-8482
http://www.kurasuma.net
E-mail:info@kurasuma.net 
関連URL http://hypno.kurasuma.net 
この情報は、「くらしとすまい企画」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.