ホーム > 活動報告 > 第25回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告
第25回 星のしずく*自死遺族の集い開催報告

2022年6月は2日間オンラインのわかちあいの集いでした。

6月4日(土曜日)9名様。
6月5日(日曜日)8名様。
うち初参加は2名様でした。

オンラインでは、人数や立場別等で特別グループ分けはせず、一画面での分かち合いを続けています。
自己紹介で一巡後、当事者ファシリテーターから、参加者お一人お一人にスポットを当て、お話を伺いながら会を進めさせていただきました。

 *

今でもまだこんなことが起きたのが夢のように感じる。

 信じられないという思い。

 *

怒りの感情、ある人ない人。
誰に(何処に)向かう怒りなのか。

 涌いてくる感情、その矛先、現れ方の違い。

 *

世間が(コロナ禍から)変化しようとしていることへの戸惑い。

 取り残されていくような思い。

 *

(大切な人は)どこへ行ってしまったのだろう。

近くに居る感じがしない。

常に対話している。

時々文句もぶつけてみたり。

今の正直な感情で亡き人と対話を続けてきた。

近くに気配を感じることがある。

亡き人と一体化している感覚さえある。

 供養の仕方、想い偲び、亡き人との繋がり方も距離感も異なる各々の思い。

 *

事後からは出来なくなっていたことが、とあるキッカケで出来るようになった。

 まるで…亡き人たちが繋げてくれたような、趣味の話題も上がりました。



まだ一年も経っていない方から、数十年経った方まで、背景もお立場も違うご遺族で語り合った二日間。
あらためて思う事、自身の知らない事に気づかされる分かち合いにもなりました。
長時間、参加者の皆様、当事者スタッフの皆様、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

雨を受けて各々のペースで色変わりしていく紫陽花に、(自身と)皆様を重ね見て。
いつの日にか、地上と空の境界を染め尽くし
なないろに咲く、虹の架け橋となりますように。

 ◆ ◆ ◆

次回第26回 星のしずく*自死遺族の集いは、対面のわかちあいを予定しています。
7月9日13:30〜16:00、武蔵浦和サウスピア8階コミュニティセンターです。

予約は不要です。
お気持ちが向きました時にご参加ください。
お待ちしています。
/星のしずく*管理人

 
   

この情報は、「星のしずく」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.