ホーム > 活動報告 > 第2指定地のハンノキにマヒワが来ていました
第2指定地のハンノキにマヒワが来ていました

2021年2月18日の雨水は旧の七草。青空が広がり風もほとんど無く穏やかな日和だった。

自生地は幾分緑色に感じる部分が見られるようになった。15日の荒天は久し振りの雨らしい雨でまさに干天の慈雨だった。乾ききった自生地も潤い、草たちの生長を促したようだ。

ノカンゾウの群生が多く見られ、ノウルシは緑の葉を広げ始めたのもあり、ノウルシ、ノカンゾウ、アマナ、キンミズヒキ、ノカラマツそして我らがサクラソウの芽生えも確認できた。加えて今日はフキの芽生えもあった。

ハンノキはもう花粉を飛ばし始めていたが、第2次指定地のハンノキにはマヒワが来ていた。植物食のマヒワはハンノキの小さな実から器用に種子を取り出して食べる。

左はフキの芽生え。

一面の褐色だった自生地に緑色の気配が見えるようになった。
ノカンゾウの芽生えは生長も早い。もう成葉に近い葉だ。
キンミズヒキは早春から初冬まで色々姿を変えて自生地を彩る。
マヒワ(真鶸)スズメ目アトリ科カワラヒワ属に分類される冬鳥。全長12.5僖好坤瓩茲蠑さい。繁殖期以外は群れを作る。食性は植物食で種子や芽などを食べる。
サクラソウも負けまいと頑張っていますが、最初から小さい。
アマナは自生地を一番に彩る花。3月初めには開花する。
この情報は、「ビオ・荒川さいたま」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.