ホーム > 活動報告 > 「どんぐりハウス」が完成披露会で昔話を語る
「どんぐりハウス」の完成披露会で昔話を語る

開催日:令和2年11月22日(日)10時〜
場所 :北本市立南小学校前の5号林
主 催:NPO法人北本雑木林の会
参加者:100名 会員、建設資金寄付者

 北本市立南小学校の向かいの雑木林の横に、ログ風の建物「どんぐりハウス」が完成し、お披露目会が開かれた。この建物は、NPO法人雑木林の会が地主さんや北本市の協力を得て、クラウドファンディングや寄付、助成金などで資金を集め、可能な限り手作りで完成させたものである。
 当日は、主催者の挨拶の後、「民話の会どんとはれ」がトップで登場し、昔話を3話語った。次に、和製ピーター・ポール&マリー「シュラル」の1970年代米国フォークソング、パンフルート第一人者江藤善章さんの笛の音などが披露された。
← 最初に登場し、長澤会長があいさつ

 外川澄輝:
 民話「月に行ったうさぎ」
 間中喜久江:民話「嫁と姑」
 熊谷康夫:
 民話「長右衛門とむじな」
 
ログハウスのテラスで立ったまま民話を語るのを、森の中のベンチに座って聞く参加者
和製ピーター・ポール&マリー「シュラル」が、1970年代の米国フォークソングを歌う
パンフルート第一人者の江藤善章さんの美しい笛の音が、森の中に響き渡った
 受付風景
 次々登場する出し物に、うっとり耳を傾ける参加者の皆さん
「民話の会どんとはれ」の知り合いの人も応援に来てくれた
 写真展「雑木林に咲く花」
「旅するピザ窯」、ピザが焼けました!
 切り株アート
この情報は、「民話の会どんとはれ」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.