ホーム > イベント > 「埼玉県国際協力情報交換会2020〜世界と私たちが繋がるグローバルな社会課題の学び・経験交流・連携の促進〜」(オンライン)
件名 「埼玉県国際協力情報交換会2020〜世界と私たちが繋がるグローバルな社会課題の学び・経験交流・連携の促進〜」(オンライン)
主催 NPO法人埼玉NGOネットワーク 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
日時 2020年11月11日13:00〜16:30 
締切日 先着順 
会場 オンラインZOOM 
地図・案内図
 
定員 300人 
対象者 国際協力NGO、多文化共生NPO、自治体関係者、大学、市民、学生など 
申込方法 参加申込:参加者氏名・所属団体・連絡先メールアドレスを明記して、下記のe-mail、FAX、QRコードにてお申し込み下さい。 開催前日にURLをご連絡いたします。 JICA埼玉デスク矢田部建佑  e-mail:jicadpd-desk-saitamaken@jica.go.jp FAX:048-833-3291 
費用 無料 
内容詳細 主催:特定非営利活動法人埼玉NGOネットワーク 
独立行政法人国際協力機構JICA東京 
第一部 「世界と私たちが繋がる社会課題への目標の共有」13:10〜 
ファシリテーター:筒井哲朗NPO法人埼玉NGOネットワーク副代表理事
基調報告「SDGsを共通目標に国際協力と多文化共生を共有する」    30分
坂口和隆NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会代表理事
「くらしにツナガルHātWork」共同代表
JICA連携事業の説明  講師:JICA東京               15分 
埼玉県における多文化共生の地域づくり 桑原武蔵埼玉県国際課主幹  15分
                      1
第二部 「SDGs達成に向けて、埼玉県のステークホルダーの実践と連
携の促進」  14:25〜16:15
ファシリテーター:筒井哲朗NPO法人埼玉NGOネットワーク副代表理事
事例報告「世界と私たちが繋がる社会課題への実践」  各15分  
ー治体実践事例「埼玉県企業局の国際技術協力の歩み〜タイ・ラオスの安全
な水道水を目指して〜」(JICA草の根技術協力事業)       
藤原悠希 埼玉県企業局総務課主任   
国際協力NGO実践例「SANEが歩んできた奨学生事業と学校菜園・給食安定化
事業、そしてコロナ禍の今強く願うこと」      
杉田優子 NPO法人エクアドルの子どものための友人の会代表理事
自治体SDGs実践事例「さいたま市のSDGsによるまちづくり」   
林勇希 さいたま市都市経営戦略部企画・地方創生推進担当主任
ぢ進顕酋生NPO実践例「外国にルーツを持つ住民の支援と多文化共生社会づくり」 石井ナナエ 認定NPO法人ふじみの国際交流センター理事長
                      
パネルディスカッション「世界と私たちが繋がる社会課題解決のために何ができるか、どう連携をするか」                   45分
ファシリテーター:筒井哲朗
パネリスト:坂口和隆、杉田優子、林勇希、石井ナナエ、桑原武蔵、JICA東京


 
問い合わせ先 saitamangonet21@gmail.com
埼玉NGOネットワーク事務局 
関連URL http://www.saitama-ngonet.org/?p=2547 
この情報は、「NPO法人埼玉NGOネットワーク」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.