ホーム > 活動報告 > サクラソウ自生地は夏の装いです
サクラソウ自生地は夏の装いです

2020年6月21日の夏至の朝はひんやりとした空気に包まれていた。6月11日の梅雨入り後は気温の上下が大きくて戸惑う。

サクラソウ自生地では石碑がすっぽり隠されてしまい、夏の装いだ。

オカトラノオ属の白い花穂とノカラマツの雄しべだけの花、そして招かれざる客のヤブジラミが全域で見られる。オカトラノオ属はほとんどがイヌヌマトラノオのようだが、絶滅危惧粁(VU)のノジトラノオの見事な曲線の個体も見られる。
ノカンゾウやトモエソウが花をつけ、シオデの円い花やクサフジも見られる。ハンゲショウも葉を白くし始めた。

サクラソウ自生地天然記念物指定100周年の展示「学と貞亮-自生地を遺した二人」が市立浦和博物館で6月30日まで開催中。是非行ってみよう。

100周年記念誌の「さらなる100年に向かって」は現在初稿の段階。記念日の7月17日発行を目指して奮闘中です。

キンポウゲ科のノカラマツは萼も早落性で殆ど見られない。
あまり大きくない花穂を集団でつけているイヌヌマトラノオ。
自生地にはこのような赤の強いベニカンゾウが多い。
花の形が巴に似るオトギリソウ科のトモエソウ。
小さな紫紺のコカモメヅルは見つけると撮りたくなる花。
ドクダミ科のハンゲショウは7月2日頃に花をつけるという。
この情報は、「田島ケ原サクラソウ自生地を守る会」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.