ホーム > 活動報告 > 県民公論2月市議会特集を発行しました
県民公論【2月市議会特集】を発行しました

市民ネットのNPO法第12号「情報化社会の発展を図る活動」分野である「県民公論」第1076号が発行されました。

◆日本初のオリンピック開催前年である1963年に平野英雄が創刊した地方紙「縣民公論」の聖火は、2回目の東京オリンピック開催前年のいま、昭和・平成57年間、通巻1000号を超える「破邪顕正の報道活動」を走り抜け、次代に継承されました
◆東京五輪に縁のある県民公論は、市民・市議会・企業・行政・安全(警察・消防・自衛隊)という五つの輪を結ぶ、今までにはなかった全く新しいタイプのタウン誌として、市民のお役に立つことができるよう報道活動を展開します。
◆市民と市政のかけはしとしての県民公論にご期待ください!

県民公論編集局長 水野臣次
こちらもご覧ください→https://nposcn.com/2020/05/02/%e7%9c%8c%e6%b0%91%e5%85%ac%e8%ab%96%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%97%ef%bc%96%e5%8f%b7%e3%81%8c%e7%99%ba%e8%a1%8c%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/

阪本克己議員(緑区、民主改革)、添野ふみ子議員(浦和区、民主改革)
冨田かおり議員(南区、民主改革)、青羽健仁議員(浦和区、自由民主党)
中山欽哉議員(見沼区、自由民主党)、上三信彰議員(西区、公明党)
谷中信人議員(浦和区、公明党)、鶴崎敏康議員(見沼区、自民党真政)
金井康博議員(西区、自民党真政)、神田義行議員(北区、日本共産党)
鳥海敏行議員(浦和区、日本共産党)、各区の保健センター連絡先一覧表
エスカレーター歩行という悪習をさいたま市から無くしましょう!
余裕のない人生を歩んでいるという証拠の歩きスマホ!
ドア横占拠は電車乗降に大迷惑の非常識行為です!
この情報は、「さいたま市民ネットワーク (NPO法人)」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.