ホーム > 活動報告 > 岩槻まちづくり市民協議会の理念
岩槻まちづくり市民協議会の理念

理念❝私たちはワンチームで岩槻大好き❞

■プロジェクトを進めるにあたり、ニーズを重視した「マーケットイン」の考えが大切。提供者側で物事を考えると「プロダクトアウト」になり勝ち、ユーザー目線が重要です。

■岩槻大好きを実現するためには、若者目線を重視し、市民活動団体とのコラボが大切。活動には理屈でなく女性の感性が発揮でき、ウーマンパワーの支援環境が必要です。

■ONE TEAMは関係者及びグループの皆が参加して共にプロジェクトを推進。さらに、槻丸プロジェクトも含めた活動です。

【ユーザー目線が重要】
壁画の観賞は親子で違うように、ユーザー目線に合わせた各々の対応が必要です。
【ニーズ志向のマーケットイン】
シーズ志向は市場を自らつくり、ニーズ志向は要望を満たす取組みで顧客第一主義の市場です。
【おもてなし接遇】
顧客主義の対応であり、「目配り・心配り・気配り」を重視し双方が満足を得ることです。
【まちづくり基本方針】
立地特性、環境と調和、歴史的特性、郷土への愛着、協働の推進、を基本方針とします。
【計画の実施】
計画は、前年度の反省から策定し、次年度へつなぐシームレスなローリングシステムです。
【槻丸プロジェクト】
当プロジェクトはコラボによる活動推進で、キャラクターの活用は愛着が伝わります。
この情報は、「NPO法人 岩槻まちづくり市民協議会」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.