ホーム > 活動報告 > 6月3日 タイ語練習日活動報告
6月3日 タイ語練習日活動報告

(これらの活動報告は編集担当が学習中に取ったノートをまとめております。日本語とタイ語の対応・発音記号などを幾度も見直すのですが、間違いも多々あることをお含みおき下さい。
編集責任者:中田)

 今回も、既習の語句の復習が有りました。使い方の細かい違いを確かめました。
 

 低子音の練習を一通りやり終えました。
いよいよ三種類の文字が混ざった語句や文を読む練習です。
 
 タイ語の声調(音の上がり下がり)は5種類有ります。書き分けるために、4種類の記号が有ります。『記号無し』も一つの記号、と思って、5種類の声調を書き分けます。

 4種類の声調記号を、日本人向けのタイ語教本では伝統的に、第一声調記号・第二……と表示しています。
 が、タイ語の名まえのままで表示する教本も有って、その方が文字の発音(声調)をすっきり覚えられる気がします。

この情報は、「タイ語を学ぶ会」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.