ホーム > 活動報告 > ユウガギクの白い花が観察路を覆い始めました
ユウガギクの白い花が観察路を覆い始めました

2018年10月8日の寒露の朝の空は雲に覆われていた。気温は22℃で前日の夏を思わせる暑さから平年に戻っていた。
正門から見下ろす自生地はオギの白い穂が目立つようになった。

中央観察路から入るとユウガギクが群生し始めたが、盛りには少し早い。まず北観察路を公園側に向かって歩いてみたが、鳥や虫の鳴き声は無く、雑然とした雰囲気でオギに生気は感じられなかった。先日の台風で痛めつけられた後遺症だろうか。

相変わらずヤブツルアズキが多いが、主役はやはりユウガギクだ。第2自生地のノコンギクはまだ2分咲き。アキノウナギツカミが群生している個所もあるが、自生地の主役には物足りない。

フジバカマは花のピークが過ぎ何となくだらしない風情で香りもほとんど感じられなかった。アゼオトギリは名残の2輪がみられ、アカネ、ヤブマメの花が咲いた。
アキノノゲシはいつも朝は遅いが、今朝も8時を過ぎて少しづつ開き始めた。ほとんどがクリーム色の花だが、鮮やかな黄色い花の株もあり、E区で見られた。

北観察路の鴨川寄りにレモンエゴマが多くの花穂を付けていた(左の写真)

A区の真ん中のオギが生育していない部分が気になります。
もう少しすると観察路はユウガギクで占領されかねません。
茎の下向きの刺でウナギも掴めるアキノウナギツカミ。
地下茎に閉鎖花をつけ果実も結実するヤブマメ。
根が茜染めの原料になる事がアカネの名の由来。
可哀想な名前のママコノシリヌグイ。咲いているのは珍しい。
この情報は、「田島ケ原サクラソウ自生地を守る会」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.