ホーム > 活動報告 > 6人全員が新しい演目を語る!
6人全員が新しい演目を語る!

日時 平成30年5月10日(木)10:30〜11:30
場所 蓮田市、「南新宿ミニディ憩いの家」
訪問者 6名

聞き手6人に語り手も6人。今日は、方言交じりの田舎言葉の話が多く、1鹿児島、2佐賀、3岩手、4秋田、5岡山と、郷土色が豊かな会となった。また、9月末の第11回口演会に備えて、各人が新しい演目に取り組んでいて、新演目の稽古場としての感があったが、皆さんはニコニコしながら6話連続で聞いてくださった。
 鹿児島弁は「わからない」と言われて、がっかりの人も!

← 的場会長があいさつ

 1 的場 政幸:
   民話「京順和尚のこと」
 2 星野喜美子:
   民話「手打半殺し」
 3 熊谷 康夫:
   民話「座頭の木」
 4 星野スエ子:
   民話「お竹地蔵」
 5 長澤 昭洋:
   民話「新巻鮭(狐化け)」
 6 米山 正順:
   民話「豆腐の病気」
この情報は、「民話の会どんとはれ」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.