ホーム > 活動報告 > 日本舞踊「彩の会」を開催しました
日本舞踊「彩の会」を開催しました

【市民NEWSさいたま 
       平成30年1月1日号より】

 平成29年11月25日、浦和駅西口コルソ7階ホールは、立ち並ぶ祝い花の香りと、続々と詰めかける観客の笑顔で華やいでいました。

 この日、白扇流日本舞踊教室(白扇麻舟会主、さいたま市民舞踊協会長、緑区)は、さいたま市市民文化祭参加日本舞踊「彩の会」を盛大に開催、さいたま市民ネットワークが後援しました。

 今回は、日本・台湾両国の文化芸術交流の目的もあり、来賓に臺北駐日經濟文化代表處(台湾大使館)台湾文化センター朱文清センター長がご臨席、令夫人が日本舞踊を披露しました。

 清水勇人さいたま市長は祝辞で「台湾との国際交流の面でも貢献いただいており、皆様方の活動に対し、深く敬意を表するとともに、厚く御礼申し上げます。」と日台交流に敬意を表されました。

 なお、受付でのチャリティー募金は、市社会福祉協議会に寄付させて頂いたことをご報告いたします。   
         (レポート 水野臣次)


*公式ホームページもご覧ください。
  踊りの動画をお楽しみいただけます。
http://nposcn.com

【ご来賓ごあいさつ】

臺北駐日經濟文化代表處
台湾文化センター長 朱文清 様

さいたま市長 清水勇人 様

参議院議員 西田まこと 様

参議院議員 こうだ邦子 様

参議院議員 矢倉かつお 様

市議会議員 小柳嘉文 様

元衆議院議員 中森福代 様

元県議会議員 長沼たけし 様

【主催者・後援団体ごあいさつ】

彩の会名誉会長 村井英樹

白扇流家元 白扇麻舟

市民ネット顧問 谷中信人

市民ネット理事長 後藤勉

司会進行
市民ネット事務総局長 水野臣次
【出演者】

橘家玉蔵社中「かっぽれ」

小島一郎「五郎」

原悳行「詩舞」

白扇華舟「むらさき小唄」

梶原まどか「新鹿の子」

白扇望舟「潮来あやめ」

白扇凰舟「喜三の庭」

白扇澄舟「花だより」

千藤美嘉(日台友好出演)
        「春の調」

サンタルチア加藤「浅草オペラ」

周東寛(南越谷クリニック院長)
       「歌謡ステージ」

白扇麻舟「白酒売り」

ほか詳しくはホームページを
ご覧下さい→http://nposcn.com
さいたま市民ネットは

市民の安心安全を守り、

市民総参加の街づくりをめざす

「ココナビさいたま」システムの

本市導入を提唱しています。

「ココナビさいたま」は

街の問題点や心配ごとなどを

スマホで撮影して

それを市役所に送信し

担当部署が素早く対応、

解決するという、本市初の

画期的システムです。

当システムはすでに

群馬県郡山市で運用され、

多くの市民に喜ばれているという

実績を上げています。
全国に先駆けて本市全駅での

エスカレータでの歩行を

禁止して安全を守りましょう。
歩きスマホは他人に危害を与える

危険行為です。

歩きスマホは止めましょう。
電車の出入り口の横に

寄り掛かる行為は、利用者に

大迷惑な行為です。
この情報は、「さいたま市民ネットワーク (NPO法人)」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.