ホーム > イベント > 箱庭療法講座・全5回
件名 箱庭療法講座・全5回
主催 メンタルサービスセンター 
イメージ画像  
日時 2017年9/3、10/22、11/19、12/10、2018年1/7、各10:00〜17:00、日曜日 
締切日  
会場 大東文化会館(東武東上線東武練馬駅1分):板橋区徳丸2-4-21  
地図・案内図
 
定員 なし 
対象者 関心のある方 
申込方法 電話でご連絡ののち、参加費の振り込みをお願いします。振込先[みずほ銀行 桜台支店 (普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之] 
費用 36,000円  ★部分参加も可能ですので、お問合せ下さい★ 
内容詳細 箱庭療法は、ユング派心理療法家・河合隼雄氏が日本に導入して以来、半世紀が経ち、教育相談所・児童相談所・精神科医療機関など幅広く用いられています。箱庭療法は、作品を作った後、感想を話し合う程度にとどめ、質問は控えめにするものとされてきました。しかし、多くの現場のカウンセラーから、「作品を作った後、箱庭療法をセッションでどのように展開させたらよいか」という疑問が語られることが多いものです。
 本講座講師・草柳和之氏は、ユング派をふまえながら、長年の臨床経験の中で、箱庭療法を効果的に面接運用する方法論を探求し、自己治癒力を最大限に活性化するための枠組みとスキルを整備してきました〔注〕。それは、箱庭を作った後、カウンセラーが丁寧で洗練された対話を重ねながら、作品を制作した方の内的プロセスを効果的に促進していくもので、時にワークへ発展していきます。このアプローチ法を解説し、ワザとコツを身につけるための、待望の講座です。
§
【講 師】草柳 和之(大東文化大学非常勤講師/日本カウンセリング学会認定カウンセラー)
《草柳和之・講師紹介》
メンタルサービスセンター代表・カウンセラー. 大東文化大学非常勤講師. 日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.
長年、箱庭療法では、(社)日本産業カウンセラー協会を中心に研修やワークショップを担当し、好評を得て きた。近年は虐待・DVの分野の臨床に力を尽くし、特にDV加害者更生プログラムの領域では、日本の第一人者である。その活動は、TV・新聞・雑誌等のマスコミを通じて広く紹介される。 著書 『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店)、共著 『標準 音楽療法入門 下』 (春秋社)、『平和を創る心理学』(ナカニシヤ出版)、他多数. 長年のDV問題を中心にした先駆的・模範的取り組みが評価され、社会貢献支援財団より、平成27年度社会貢献者表彰を受賞する.
日本カウンセリング学会認定カウンセラー.NLPマスター・プラクティショナー. 
問い合わせ先 メンタルサービスセンター:〒176-8799 練馬郵便局留/Tel.03-3993-6147、070-5016-1871
〔申込方法〕電話連絡の後に、受講費の振込みをして下さい。入金確認後に、参加者へ会場のお知らせを致します。[みずほ銀行 桜台支店 (普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之]
〔備考〕納入された受講費は,主催者の都合による不催行の場合を除き,返却しかねますことをご了承下さい. 
関連URL http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/  
この情報は、「メンタルサービスセンター」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.