ホーム > 活動報告 > 私ねっ、新婚旅行は・・・
私ねっ、新婚旅行は・・・

日 時 2017.4.17(月)
場 所 ファインケア浦和
聞き手 12名
訪問者 3名

 あたみぃ〜の海が〜ん・・・さんぽ〜する〜 貫い〜ち お宮ぁ〜の・・・
ふぅたりぃづぅ〜れ〜・・とっ、紙芝居と歌で皆さんと合唱 えっ、7番まであるの 覚えているのは1番だけなのに・・・ぶつぶつ
すっと、利用者のお婆ちゃん、私ねっ、新婚旅行は熱海だったんです 
そこで初めて・・・○×△*・・・ わ〜い wa〜i  
懐かしい昔むかしの事を思い出したようです
 紙芝居「金色夜叉」の思わぬ反響です
民話かたりは地獄に落ちた悪たれ婆様が細〜い半分にした薬にんじんにつかまって、んでんで、極楽につくその時に・・・「地獄に落ちた欲張り婆さま」と ポッコラポッコラと歩く馬、いったい何処へ行っちゃったんだべ ほら、探せ探せと「うまの田楽」です 
うんうん、そうよ、へぇー、と語りの途中に絶えず入り込んでくれる利用者さんの反応が、とっても楽しいですね 距離感がぐっと近づきます
 帰りにはお婆ちゃんからお茶とお菓子を頂き、ありがとう 又来るねと約束して施設を後にしました。
           (記 伊藤 豊一)

仙澤昌子 
 「地獄に落ちた欲張り婆さん」

 おめえなっ、長〜い人生でなっ、たった1度だけ良いことをしたべっ、細〜い細〜い要らなくなったにんじんをなっ、半分にしてなっ、人にあげたことあったべ。
伊藤豊一 「うまの田楽」

 おらはなあ、長いこと生きているんでやんすが・・・味噌を付けたコンニャクだの・・・味噌を付けたでえこなどは、ありゃ・田楽と申しましてなぁ〜 なかなか旨めぇもんで、ござりやすなぁ〜。
橋本孝郎 
     紙芝居 「金色夜叉」
 
 貫一さん。別れろ切れろは芸者のときに言う言葉。今の私には
いっそ死ねと言って下さい」
「ええい、離せ。離せというに。ダイヤモンドに目が眩み・・・
いやっ、いいんですけどねっ・・
この顔で、色っぽい声を出されちゃうとね・・・いや、いいんですけどね。
♪♪ あたみぃ〜の海岸さんぽ〜する〜 貫い〜ち お宮ぁの…
みんなで大合唱
咲いた咲いたチューリップの花が
並んだ並んだパパ、ママ、私
この情報は、「民話の会いなぼっち」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.