ホーム > 活動報告 > 春の訪れは辛子醤油和え
春の訪れは辛子醤油和え

日 時 2017.3.10(金)
場 所 ゆめこうぼう虹
聞き手 14名
訪問者 3名

 ぽっかぽかの暖かい日差しが午後に入ってから一転、冷たい風の吹きすさぶ金曜日の伊奈町、暖かさと冷たさの攻め合いの中 確実に春は近づいているようですね。
春の訪れをふきのとうのお味噌汁や天ぷら、そして菜の花の辛子醤油和えのお話から始まったお馴染み「ゆめこうぼう虹」さんの訪問です
まぁ〜んだ まだ びっちびちの真っ最ちゅ〜っ・・・栗っこ拾いに行った小僧さんの運命や、何でも知っている優しい山姥と女の子のおはなし そして美味しい美味しい田楽のはなしの三話を聞いて頂いた後は、青森県の方言「せばだばまいねびょん・・・んがでーんだっきゃ」をきっかけに、利用者さんの出身地や方言のエピソードが出まくりワイワイがやがや、んっ、何だって・・・田沢湖のバス停そばの平ぺったくて味噌の付いた きりたんぽが旨かった、って・・・
う〜ん、そんなもん 知らんがや・・・、 楽しい会話が続きます 締めはオカリナ演奏による茶摘みとふるさとをみんなで歌い あっと言う間に時間が過ぎてしまいました、みなさん又お元気でお逢いしましょう。
            (記 伊藤豊一)

高井竹子 「三枚のお札」
次郎丸寿子 「花咲き山」
伊藤豊一 「うまの田楽」
この情報は、「民話の会いなぼっち」により登録されました
前のページへ戻る
▲このページの上部へ
 

(c)2007, Saitama City Citizens Activities Support Center ALL RIGHTS RESERVED.