民話の会いなぼっち
                               

台風8号の通過で真夏日の口演

日 時 2014.7.11(金)
場 所 デイサービスファインケア浦和
聞き手 18名
参加者 3名

 さいたま市シルバーバンク紹介の2ヶ所目の口演です。
 台風8号が7時ごろ富津に上陸との放送でしたが、風も無く、雨も無く、午後より太陽が出て真夏日の様子でありました。暑さに負けずに頑張りました。
 14時15分〜15時までの45分間でしたが、「いなぼっち」の謂れと民話語りを聞いてもらううちに15時になり、時間を延長して仙澤・橋本がマジックを披露し、拍手喝采をいただきました。
 次回もお願いしたいとの要望があり、9月に出来たら伺うことにしました。
                          (記 熊谷 初雄)

橋本孝郎 「文福茶釜」

 和尚さまぁ、茶釜が「そろそろ洗え」って言ったあ。「いい茶釜だから音が響いてそう聞こえるんじゃ。」 タヌキが化けた茶釜なのにね・・・
仙澤昌子 「空を飛んだ亀」

 おらはこうして、何処へも行けず、池の中をもざもざ這って一生終わるんじゃろか。鴨みたいに空を飛んで広い世の中を見てみてぇよなあ・・・
熊谷初雄 「お殿様と村人」

 お殿様が手洗水(ちょうず)を持てって言ったら村人は長い頭の男を連れてきた・・・
マジック 

 それぞれ結んだ3本の紐が・・ ほらっ見て! 1本につながったよ・・・


2人でマジック

 何してるの? 段ボールの箱持ったり、きれいな箱持ったり、
何が出てくるの・・・

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター