田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

オカトラノオ属が花穂をたわませています

2014年6月21日の夏至の朝は7時頃から薄日が差し始め終日薄い雲が浮かんでいた。いよいよ特別天然記念物の石碑がすっぽり隠されてしまい、相変わらずオオヨシキリは全域で囀っていた。

中央観察路を入ってすぐの右側にジャコウアゲハの幼虫が居た。かなり大きく終齢に近い感じでよく見ると頭を盛んに動かしている。上から覗き込むと茎をくわえてお食事中だった。奥のハンノキのそばのウマノスズクサにも3匹いて楽しみだ。


オカトラノオ属が全域で白い花穂をたわませていた。オカトラノオ属は雑種を作りやすく、その代表がオカトラノオとヌマトラノオの雑種のイヌヌマトラノオと言われる。雑種だからそれぞれの特徴の強弱があって色々の姿形があり興味が尽きない。でも奇形が多く見られたのはちょっと心配だ。

トモエソウも満開で、すでに実になっているもの、蕾のものと一日花が咲き継いでいるのがよくわかる。
クサフジが見られるようになったが、特にA区の鴨川側で群生している。ノカンゾウもチラホラ咲き始めた。

ノカラマツも全域で花らしくない花をつけている。まだ蕾が多い株、ほとんどが雄しべだけの花のものなど様々だ。もともと花弁は無く、萼が早落性のため咲いている花は雌しべ4個と多数の雄しべの長い花糸と黄色い葯だけだ。

花付が豊かで花穂がたわむのが特徴のノジトラノオ。純粋種なら環境省の絶滅危惧粁(VU)の希少植物です。
長い花穂が虎の尾のように先端が伸びるのが特徴のオカトラノオ。自生地で生育していたのかが定かではありません。
ヌマトラノオは花が一方に偏らず花穂がまっすぐ伸びるのが特徴。3種の中では花期が一番遅いのも特徴です。
オトギリソウ属の花径約5僂伐峇Г梁腓いトモエソウ。短い間にもヒラタアブやクマバチなどが訪れていました。
黒と白で多くの突起があるのが特徴のジャコウアゲハの幼虫。茎を抱いて上を向いて多くの足でぶら下がっています。
「一日の美しさ」という意味の属名のごとく1日花で次々と咲き継いでいくノカンゾウ。ヤブカンゾウと違って花粉に稔性がある。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター