民話の会いなぼっち
                               

気持ちの良い初夏の訪問

日 時 2014.4.24(木)
場 所 リハビリDO
聞き手 15名
参加者 3名

 実に気持ちの良い初夏の訪問でした。
日本薬科大学の広大なキャンパスの新緑の
トンネルをくぐりぬけると、まもなく、ハートマークのリハビリDOにつきます。
リハビリ室につながるフリースペースで、聞き手の皆さんは、待っていてくださいました。
 橋本の軽妙な司会につられたのでしょうか、リハビリ室で筋トレマシンやエクササイズのプログラムをこなしながらも、実に熱心に耳を傾け、頷いたり、クスンと笑ったりと。語り手の私どもも、いつも以上に熱がはいりました。
そして、岩崎の小商人の物売り声の再現。金魚― 金魚― ではじまり、 あさり― ハマグリー、 豆腐屋 納豆売りの掛け声の巧さに仰天でした。
なっとうソング・花を咲かせましょう・小商いの物売りの声 …… 全員で
とにかく、全員、懐かしい昭和の時代にタイムスリップしました。
お互いに昔語りをとうし、初夏のひとときを共有できましたことを感謝したいと思います。
        (記 奥山 久子)

奥山久子 
  「大根とごぼうとにんじん」

橋本孝郎 「文福茶釜」
岩崎敏夫 「猿地蔵」
     「つぶたろう」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター