田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

サイカチとマユミが花で満艦飾です

2014年5月21日の小満は夕方まで雨が降り続いたので、翌22日の朝7時からの観察になった。

自生地は爽やかに晴れてオオヨシキリが盛んに囀り、E区の奥の林からはカッコウ、カッコウの鳴き声が絶え間なく聞こえてきた。考えてみればオオヨシキリはカッコウの托卵の相手だ。遠くから宜しくと挨拶していたのだろうか。

この時期自生地ではハナムグラが小さな花を咲かせている。よく見るとオギの根元近くに結構咲いている。ナワシロイチゴの淡いピンクの花も見られた。
葉が大きくなったサクラソウやチョウジソウが実りの季節を迎え、トダスゲが果苞を膨らませていた。

木の花が盛りで鴨川側では、去年初めて実をつけたサイカチ、マユミ、イボタノキそしてエビヅルが咲き、ガマズミの大きな傘型の白い花はそろそろ終わりかけていた。公園側のトベラ、マルバシャリンバイも多くの花を咲かせ芳香を放っていた。

自生地のクララはまだようやく花穂をつけ始めたばかりなのに旧志木街道のノリ面では花をつけた花茎を立ち上げていた。そして周囲ではコウゾリナが黄色い花を咲かせていた。

マメ科のサイカチ(皁莢)は落葉高木。日本の固有種で幹や枝に刺がある。花は雌雄別で長さ10〜20僂料躱花序につく。
ふと空を見上げるとノスリが大きな円を描いて旋回していました。あまり近くには来ずにどこかに飛び去りました。
ニシキギ科のマユミは落葉低木。雌雄異株。花は小さな4弁でいっぱいにつく。果実は熟すと4裂し真っ赤な種子が現れる。
子房が大きくなっていますが種子が実っていることを祈ります。でもほとんどが同花受粉で正常な種子繁殖ではないようです。
マルバヤナギの果実は櫺未如⊆鏤劼肋さく柳絮(りゅうじょ)と呼ばれ、綿毛を持っており風に乗って散布される。
キョウチクトウ科のチョウジソウは名残の花を2輪つけていましたが、二股の木の枝のような面白い袋果をつけ始めています。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター