民話の会いなぼっち
                               

穀雨?恵みの雨の中

日 時 2014.4.18(金)
場 所 ゆめこうぼう虹
参加者 3名
聞き手 8名

 一昨日は最高気温26℃の夏日、昨日は24℃、今日は15度。
畑の野菜が成長する為の恵みの雨が降る中訪問してきました。
 新聞丸めて切って、ほら!すごい!! ツリーのできあがり
利用者さん、スタッフさんそして私達もみんなで “わぁ〜できた”
〇〇さんのはながいわねえ。  △△さん出来るじゃない。
皆大騒ぎ…   持ってっていいわよ〜  私持って帰って見せる〜
楽しい1日でした。
          (記 伊藤 美佐子)


伊藤美佐子 
     「ナマズとライギョ」

 そうだなあ〜、60年ぐらい前になるかなあ〜。これはその頃の話だ・・・
 
次郎丸寿子 「花咲き山」

 優しいことをすれば花が咲く。
命をかけてすれば山が生まれる。嘘じゃねえ。 本当のことだぁ〜
おらの花、今咲いたかなあ〜っ。

 
仙澤昌子 「聞き耳頭巾」

 電線の上に雀がチョコンと止まってピーチクパーチクとさえずっている。頭巾があったらどんな話をしているのか聞いてみたいなあ・・・
はい!、電線に、雀が三羽・・・
手をあげて〜 手を下げて、
肩をあげて 肩を下げて
はい、丸かいてチョン。
ちょこっとすっきりしたねえ
はい ここを引っ張って
はぁ〜〜〜ぃ!
何ができるかなあ・・・
うわ〜っ・・・
私作ったのよ、すごいでしょう。
パチパチパチ。
持って帰ってもいいかしら、孫に見せてやるんだ。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター