民話の会いなぼっち
                               

町会有志の懇親にお邪魔虫

日 時 2014.4.16(木)
場 所 宮原2丁目サロン かもんち
参加者 3名
聞き手 32名 

 宮原町2丁目自治会館において、「かもんち」の集まりに参加致しました。
「かもんち」とは、この辺りの地名は加茂宮であるのでそこから来ているそうです。
初めての口演場所でした。東宮原駅から宮原駅に通じる道は桜の木のトンネルで今ではすっかり、葉桜に成っていました。花の最盛期には、さぞここを通る人々の心を華やかにさせてくれたことでしょう。公園の中にあり、かわいい子供達が遊んでいるとても綺麗な自治会館でした。「かもんち」の名前になった理由が聞きたくて・・・・加茂宮の地名の場所にあるからとの事、なるほど・・・・・
         (記 仙澤昌子)

奥山久子 「嫁と姑」

 いつもニコニコして「姉やん、姉やん」と嫁さんを立てろ。いいか、嫁さんはそのうちに死んでしまうんだからな・・・ こわーっ
仙澤昌子 「聞き耳頭巾」

 頭巾をかぶると鳥や木の話す言葉が分かるんだって・・・
家の柿の木さ〜ん 美味しい柿の実が沢山出来るにはどうしたらいいの 教えて〜っ…
熊谷初雄 「殿様と村人」

 タイムスリップして江戸時代に行ったら・・・
手水もねぎもしらなーい・・・

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター