民話の会いなぼっち
                               

ちいさなあいづちに感謝!

日 時 2014.3.20(木)
場 所 ゆめこうぼう虹
聞き手 13名
参加者 3名

 朝から久しぶりの雨です
この頃の雨を芽吹きの雨と云うらしいですね
周りの木々の硬かった芽も、一気に緩み始めたように感じます
ゆめこうぼう虹の恒例の貼り絵も、桜が満開になっていました
利用者さんの中に入って一緒に語りを聞いていると・・・
話のひとつひとつに、うんうん笛の声かぁ〜・・あ〜そうだウンウン・・・ハハハ豚っこだってさぁ〜・・・
と小さな声で、小さく相づちを打ってくれていたんです、
こんなに一生懸命聞いていてくれたんですね  も〜っ 感激です
柱に架かっていた小さなキティちゃんやアンパンマンの貼り絵、ビーズ細工かと思ったら、チリ紙を丸めて作った82歳のお婆ちゃんの作品でした、びっくりですね。
           (記 伊藤豊一)

伊藤美佐子 「正直夫婦の馬」

 馬、小牛、豚、鶏、饅頭一袋
一つもらえるなら何を選びますか
は〜い!
・・・もちろん 饅頭で〜す
次郎丸寿子 「笛吹峠」

 働き者で家族思いの娘はかわいい弟の為笛をお土産に、吹雪の雪山を真夜中に家に帰って行ったが…
伊藤豊一 「あたまに柿の木」

 頭から柿の木なんか生えないよ… オジサン夢でも見ているの
・・・
いや! 頭の中に種が入っちゃったら・・・芽が出てくるかも?
手遊び 「なっとうのうた」
    「ももたろう」

 おなじみの♪なっとうなっとうネーバネバ♪ 口と手を動かして
にこにこと
んで、も〜もたろさん ももたろさん・・・・
皆さん一生懸命やってくれるんです  うれしいですね。
ビーズじゃないのよ ティッシュでまるめたのよ  根気のいる作品ですね
キティちゃん、かわゆ〜いね。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター