民話の会いなぼっち
                               

民話でつなぐ荒川流域

日 時 2014.3.15(土)
場 所 ベに花ふるさと館
参加者 2名
聞き手 52名

 ふるさと再発見講座〜民話でつなぐ荒川流域に参加
・主催:ふるさと再発見講座実行委員会
・県内民話語りグループによる民話発表
民話の会 いなぼっち 2名
民話の会 どんとはれ 2名
民話の会「いなぼっち」の発表は二回目になり、一般、県内の民話の語りグループ多数の来場があり、おおいに盛りあがりました。旗揚げしてから約一年、発表、語りグループとの交流などを通して有義ある、第12回ふるさと再発見講座(民話発表)でした。
    (記 橋本 孝郎)

橋本孝郎 「文福茶釜」

 ある日一匹のタヌキを罠から助けてやった。タヌキはお礼にと茶釜に化けそれを売ってくれと言う。茶釜を火にかけたところタヌキは熱さに耐えきれず半分元の姿に戻り逃げ帰った…

 
高井竹子 「笠地蔵」

 「笠ぁ買うてください。笠ぁいらんかやあ!」だあれも買ってはくれない。雪が降ってきた。帰り道お地蔵さんが六つ並んで立っておられて、頭から雪をかぶっておられる。お爺さんは…
べに花ふるさと館会場風景

 皆さんの熱い視線を感じながら、独特の雰囲気・緊張感の中での口演会です 
ここで語りの出来ることの幸せをかみしめながら・・・。
 
ふるさと再発見講座
 タウン紙「のすっこ」編集人の平秀子さんによる・・・
「もう一つの源氏物語-昔語りの中の箕田源氏」として鴻巣とのかかわりを熱く語っていただきました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター