民話の会どんとはれ
                               

大宮「中部地区会食の集い」で昔ばなし

日時:平成26年3月8日(土)11:00〜11:40
場所: さいたま市立大宮東中学校・多目的教室
主催:大宮・中部地区社会福祉協議会
訪問者:5名
聞き手:独居老人45名、大宮東中学校生5名、社協役員・民生委員等5名

2月の会食サービスは大雪のため急遽中止の影響か、それとも上天気のせいか、今回はいつになく多数の出席があり、満室の状態であった。「コープみらい」の助成金で仕立てた幟旗やメクリ(作成した辻旗店主が社協メンバー)を披露して、それから語りに入った。
    ↓ 「どんとはれ」一同を代表してあいさつする米山会長(左端)

 
   

会場の大宮東中学校の入り口に立てられた昼食会の看板
的場政幸:鹿児島の昔ばなし
「もちとでかん」
本日の司会は、社協のメンバーでもある星野喜美子(左)が務め、口演者を紹介する。
星野スエ子:秋田の昔ばなし
「極楽をみてきた婆様」
二人とも方言を交えた語りをすっかり自分の物にした感じで、皆さんも楽しんで聞いてくださったようだ。
調理室から昼食を運ぶ中学生の皆さん
本日の昼食は「天丼」、ヒジキと人参の煮つけ、菜花のお浸し、デザートなど。
では、いただきます!

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター