ふるさと上谷沼 地域創造塾
                               

平成26年2月 定例自然観察会(2月1日) 

2月の定例自然観察会は、それほど寒くない穏やかな日でした。

草や刈られた後で、一見何もない原っぱに見えるかもしれませんが、
小さな花(写真はホトケノザ)が咲いているのも見つけました。確実に春は近づいています。

そして冬の上谷沼では、さまざまな野鳥に出会えるのも魅力なのです。草木がないので、見つけやすいのですよ。

水路沿いの桜の枝をじっくり観察しています。桜のツボミではなく、「葉痕(葉が落ちた跡)」を観察しているのです。
植物により「葉痕」が動物の顔?宇宙人?に見えたり、個性的な表情をしているのが面白いです。
水辺にはコサギも見られました。
湿地には野鳥の餌がたくさんあるので、多くの野鳥が見られます。
ツグミです。
ヨシ原の中には、シジュウカラも見られます。
ヨシの茎の皮を上手に剥がして、中にいる小さな虫(ビワコカタカイガラモドキ)を食べます。冬の間の貴重なタンパク源です。
そして、本日のヒットはこちら!

オオタカの若鳥です。(成鳥とは羽の模様が違います)カラスの群れに混じっていましたが、この鋭い眼はさすが猛禽類です。
オオタカが、カラスに追われて逃げていました。
最近上谷沼周辺の市街地でもオオタカがいたという目撃情報もあります。上谷沼を狩り場にしているかもしれませんね。
オオタカの主食は野鳥だそうです。生態系の頂点にいる猛禽類が生息している環境を大事にしていきたいですね。
本日見た野鳥
:カルガモ、ハクセキレイ、コサギ、ハシブトガラス、ツグミ、ムクドリ、ジジュウカラ、スズメ、モズ、タシギ、シジュウカラ、カワラヒワ、ヒヨドリ、ドバト、キジバト、オオタカ
定例観察会は 毎月第1土曜日9:30〜11:30。飲み水、帽子、雨具、くるぶしまである長ズボンなど、野外で活動できる服装で、どなたでも参加できます。雨の場合も、危険な天候でなければ行っています。
 大人から、子供さんまで。赤ちゃんと一緒のパパ、ママ、車椅子で行動されている方など、お時間や体調に合わせて、参加することが可能です。お待ちしております。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター