民話の会いなぼっち
                               

大きな声で合唱 ♪♪

日 時 2013.12.6(金)
場 所 ケアハウスおおるり
参加者 3名
聞き手 16名

 今回は池の周りから出たことのない亀が空を飛んだ話と、お経をあげたことのない男がひょんなことからお経をあげることになった話、死んだはずの女房の首が肩にくっついて離れない恐ろしい話の3話です。利用者さんも怖々どうなるのか一心に聞いてくれました。
 杉戸町オカリナクラブ桜草の方達と初めてコラボをしました。アンサンブルの演奏の後に利用者さんと一緒に歌を歌い、オカリナのお蔭かいつもより大きな声で歌ってくれました。利用者さんが楽しそうに歌ってくれると私達の方も嬉しくなって、さらに大きな声が出てきます。あとマジックを披露してくれたり紙芝居を聞かせてくれたり今回は色とりどりの出し物で、帰りには楽しかった、又来てねって声をかけてもらえて嬉しく思いました。
                 (記 伊 藤 美佐子)

 
   

仙澤昌子 「空を飛んだ亀」

 亀は空を飛んであちこちに行くことができるカモが、羨ましくてなんねえ… でも亀は空はとべないよ。どうするの亀さん
橋本孝郎 「ねずみ経」

 お経を覚えていない坊さんが、ひょんなことからお経をあげることになってしまった。そこにねずみがチョロチョロと…
岩崎敏夫 「女房の首」

 死んだ女房が亭主を慕い、亭主の肩にくっついて離れない…
えっー 死んでるのに離れない。それってなに
 
オカリナ演奏で大合唱

 もみじ・冬景色など8曲を利用者さんと一緒に歌いました。
大きな声で歌って、元気をもらいました
マジック  

 みんな真剣な顔 バラバラのハンカチを結んでどうなるの
マジック 

 4つの輪がつながったり外れたり… なんで〜 輪に切れ目なんてないのに 
紙芝居 「うらしまたろう」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター