田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

一陽来復の言葉がぴったりの朝でした

真っ青な空が広がり今日からまた太陽が復活するという一陽来復の言葉がピッタリの朝で、青い山並みに連なった富士山がクッキリと遠望できた。
自生地には主だった所に来年1月15日の草焼きのお知らせが貼られていた。

ノダイオウのロゼットが赤く色づき、アキノノゲシやユウガギクそしてフジバカマなどはほとんど種子を飛ばし終わり、総苞だけが残って冬の陽に輝いていた。
ハンノキにはオオカマキリの卵のうがアチコチにつき、コカマキリもあった。ウマノスズクサの近くなのでお菊虫(ジャコウアゲハの蛹)を探したがこれは一つも見つからなかった。

2013年12月22日は日曜とあって駐車場に戻ると同じような小型車と人が集まっていた。聞くとスマート車の愛好家だった。

左はA区とC区の間の北観察路に生えるハンノキ。カバノキ科の落葉高木で水中にも生える。埼玉県の県の蝶のミドリシジミの食草。

冷たい北風が強かったことがあり、枯れ色の自生地の遠方には富士山も青い山並みもくっきり見えました。
オギが葉を落とし、茎も細くなって穂も少なくなり、観察路が明るくなって特別天然記念物の石碑も見えるようになった。
草焼きは聞きなれない言葉ですがダイオキシンなどを出す違法な野焼きとは区別する条文上の文言。順法な野焼きとは同義語。
サラミ状の雄花序は2月初めころ黄色い花粉を飛ばす。雄花序の付け根に小さな雌花序。松かさ様のハンノキの果穂は長さ約1.5僉
E区の古井戸のそばのアカメヤナギ。サクラソウの花の時期に葉をつけ始め、若い葉が赤みを帯びるのが名の由来。雌雄異株。
クマリンの香りの淡紅紫色の花を多数咲かせたフジバカマは白い冠毛に覆われていたが、ほとんど飛ばし終わったようです。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター