民話の会いなぼっち
                               

自分で語り、自分で語りポイントの紹介

月 日 2013.9.27
場 所 ゆめこうぼう虹
参加者 3名
聞き手 12名

 自分の語り演目の紹介と語りの内容を、各人がそれぞれ紹介を行い、聞き手との会話に親しみを覚えてきました。
演目の内容を自分で紹介することは、ポイントをつかむことになるでしょう。
最後に「手のひらに太陽を」を皆で歌って終演となりました。
                          (記 熊谷 初雄)

次郎丸寿子  「人前では羽織を       着用いたさず候」

 昔、作男が隣の地主の土地に入ってしまった。それだけで死罪になると言われている…
高井竹子 「若返りの水」

 もっと若く、もっと、もっと。
人間の欲は切りがない。そう願った婆は…

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター