民話の会いなぼっち
                               

手話の歌で盛りあがる

年月日 平成25年7月18日(木)
場 所 リハビリDO
参加者 3名
聞き手 12名

 昨日までは酷暑の中休み。
3日ぶりにまたまた暑い日に戻ってしまいました。
でもこんなに暑いのに利用者さんは一生懸命リハビリをしています。
その中でリハビリの手を休めて私達の民話を聞いて頂き本当に有難いと思います。
今回の訪問は民話の語りと伴に、初めて手話を交えた歌と紙芝居を入れてみました。
手話の歌になると皆さん手振りを交えて歌い大変盛り上がりました。
利用者さんやスタッフさんから 有り難うございます、又来てくださいと言って
いただけるのが一番うれしい。
又行きます。今度はもうちょっと上手に語られるように…
                          (記 伊藤 美佐子)

伊藤美佐子 「くわんくわん」
 ぼた餅を全部食べてしまった御本尊様。食ったと白状させるため釜茹でにしたところ…
高井竹子 「若返りの水」
 爺が若者になって帰ってきた。
婆も負けずに若返ろうと水を飲んだ…
伊藤豊一 「あたまに柿の木」
 月代のきずに柿の種が落ちて。
それが、見る見るうちに大木になり…
紙芝居 「うまかたどんとたぬきのポンタ」
紙芝居 「けちくらべ」

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター