さいたま読書倶楽部
                               

2013年11月23日の読書会

■11/23(土)の14時30分から当会37回目の読書会が行われました。

■今回は下落合コミュニティセンターで行いました。
 
■参加メンバは女性21名、男性11 計32名。

■今回は4テーブルでの実施となりました。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)
ぼくは閃きを味方に生きてきた。(横尾忠則)
無限の網(草間彌生)
私にふさわしいホテル(柚木麻子)
天佑なり(幸田真音)
日本国債(幸田真音)
朗読者(ベルンハルト・シュリンク)
『女生徒』の中の「皮膚と心」(太宰治)
癩者の生―文明開化の条件としての(澤野雅樹)
わたしが・棄てた・女(遠藤周作)
モンスター(百田尚樹)
ラジオ深夜便 12月号(―)
ピアニスト(エルフリーデ・イェリネク)
ローレンス・アルマ・タデマ()
小室直樹の世界(橋爪大三郎)
アンの想い出の日々(モンゴメリ)
食卓は学校である(玉村豊男)
星を継ぐもの(J・P・ホーガン)
星を継ぐもの(星野之宣 原作JPホーガン)
宇宙のみなしご(森絵都)
モネ・ゴッホ・ピカソも治療した絵のお医者さん(岩井希久子)
晴れたり、曇ったり(川上弘美)
この世の全部を敵に回して(白石一文)
盤上の夜(宮内悠介)
輝く夜(百田尚樹)
鼠、夜に賭ける(赤川次郎)
チェーン・ポイズン(本多孝好)
夏目友人帳(緑川ゆき)
モダンふろしき案内(佐々木ルリ子、
菅原すみこ)
家族喰い(小野一光)
なんとなくクリスタル(田中康夫)
ひなた弁当(山本甲士)
カフーを待ちわびて(原田マハ)
夢をかなえるゾウ(小野敬也)
愛に乱暴(吉田修一)
その一言が言えないこのニッポン(辛淑玉)
天使の卵(村山由佳)
死神の精度(伊坂幸太郎)
伊藤君 A to E(柚木麻子)
ワシントンハイツの旋風(山本一力)
今日を刻む時計(宇江佐真理)
へヴン(川上未映子)
清州会議(三谷幸喜)
早起きは「3億」の徳(哀川翔)
名作うしろ読み(斎藤美奈子)
迷惑行為はなぜなくならないのか(北折充隆)
八朔の雪(高田郁)
花散らしの雨 (高田郁)
半生の記(松本清張)
ふるさと銀河線(高田郁)
七王国の王座(ジョージ・RR・マーティン)

■記載者のつぶやき
今回は過去最高人数でした。

※さいたま読書倶楽部HP
http://www11.ocn.ne.jp/~bookclub/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター