民話の会いなぼっち
                               

二ヶ月ぶりの訪問。手話を教えて頂きました

月 日 平成25年4月26日(金)
時 間 14:00〜15:00
場 所 上尾市リハビリDO
参加者  3名
聞き手 14名  

3月は休ませていただき、2カ月ぶりに3回目の口演を行いました。
おこりじぞうは、広島の原爆の話で戦争の悲惨さを思い、二度とおこしてはいけないと感じる。
ささぎつねは、親子の情の深さを感じる。
うそ話千両は、「うそ」にダマされないように、振り込み詐欺に気を付けましょう。
「たんぽぽ」を替え言葉遊びで皆で楽しんだ後、施設側で「赤とんぼ」の歌を手話と歌で皆と楽しんだ。私は手話が身につかず・・・残念。
        (記 熊谷 初雄)

施設にきれいな花が咲いていたので、思わずカシャ!

奥山久子 「おこりじぞう}
 広島の原爆のはなし。いつ聞いてもつらくて… 二度とおこしてはいけない。
高井竹子 「ささぎつね」
 百姓の太平は人間の姿に化けたささぎつねに火縄銃を向けた。
ところが…
熊谷初雄 「うそ話千両」
 「その話うそじゃろう」と言わせたら千両いただき〜
 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター