田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

観察路が水没しアメンボがいました

2013年の霜降の10月23日は曇天。一時薄日も漏れたが南方海上の台風27号と28号の影響もあり夜には雨になりそうだ。

サクラソウ自生地は16日の台風26号で観察路が水没した後、20日の雨で再度水没して今日は規模は小さくなったものの中央付近を中心に四方の観察路がかなりの部分水没していた。
アメンボがいたのにはビックリだった。一過性の水溜りにいったいどうしてと不思議だったが成虫は翅があって飛べると知ってガテンした。

観察路の両側はユウガギクが白い花を咲かせ、左右のオギは葉を落として視界が明るくなって、空にはオギやヨシが穂をなびかせている。黒褐色になったツルマメやヤブツルアズキの豆果が全域で見られ、ツル植物で覆われた部分は黄葉し始めている。

左はヨメナ属のユウガギクで冠毛はごく短い。扁平な倒卵形の長さ約2.5个料蕾未縦に並んで半球形を作り、冠毛はクレータ状に見える。

アキノノゲシの花は舌状花のみで、痩果は扁平で尖った先端につく白い冠毛で種子を風に乗せて飛ばす。
アメンボ(水馬、飴坊)は、体に臭腺を持っており、捕えると匂いを放つ。匂いが飴のようなのが名の由来という。
カナムグラの雌花の苞は先がとがり特に縁に荒い毛が多い。果期が近づくと次第に赤褐色になり苞の先が反り返る。
ノコンギクは属名のAsterはラテン語で星の意味で日本語ではシオン属。頭花は直径2.5僂らいで、長い冠毛がある。
ガビチョウ(画眉鳥)は特定外来生物に指定されている。眼の周りや後方の白い特徴的な紋様が見えるので掲載。
コメナモミは総苞片と花床の鱗片に繊毛が密生して粘る。花は周囲に先が3裂した舌状花がつく。総苞片はヒトデの様な形に見える。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター