風景写真の真髄に迫る人をお誘いする研究会・片柳フォーカス
                           

2013年10月18日 “山古志” で撮影会を開催しました。

10月撮影会を“山古志”で開催しました

天気予報で気温の低い7℃で、日本海に高気圧が張っている日を選び
前夜の23:30分に、大宮出発・現地着が午前4:30分頃着。

山の稜線はほのかな明彩りで、西の空に満月が落ち行く刻、休憩なし
の撮影を始めるが満月が雲に入りつつある、急がねばと焦る、

前回の9月撮影会で久しぶりのD700に触り取らぶったが今回は前日に
テストを行いトラブル無く快調、信濃川上に落ち行く満月を
魚眼でパチリ。

第2ポイント、山古志役場の奥に越後三山、手前は棚田にコスモスが
咲き誇り、私を撮ってと呼んでいる、義理で2枚だけ撮り次へ移動。

第3ポイントへ移動、なんと霧が湧き過ぎてポイントになる主役が
霧の中で見えない、つまり雲の上だけ見える訳で構図も絵の
主役創りも難しい。

自然相手の風景写真は難しい、構図と主役創りに足を使う、
それでも駄目なら絵を描ける範囲で妥協するしかない。

こんな時は自然相手だから、主役の有るもの、
無いものは自分のアルバムへと使い分けよう。

 
   

撮影地:長岡市山古志虫亀
撮影日:2013年10月11日
データー:ニコンD700 F2.8
28-70f11 A 太陽光 ビビット
スポット測光 −1EV1/3補正
山古志役場が中心・奥が越後三山
作 家 : 志田清治
撮影地:長岡市山古志竹沢

以下左絵に同じ
左絵に同じ

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター