さいたま読書倶楽部
                               

2013年9月28日の読書会

■9/28(土)の14時30分から当会35回目の読書会が行われました。

■今回は浦和コミュニティセンターで行いました。
 
■参加メンバは女性17名、男性10の計27名。

■今回は4テーブルでの実施となりました。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)
生きる力(なかにし礼)
永遠の0(百田尚樹)
読書力(齋藤孝)
青い鳥(重松清)
ぜったい幸せになれる話し方の秘密(佐藤富雄)
感情の起源(ジョナサン・ターナー)
晩夏(上・下)(シュティフター)
オレたちバブル入行組(池井戸潤)
オレたち花のバブル組(池井戸潤)
ハピネス(桐野夏生)
解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯(ウェンディ・ムーア)
海賊女王(皆川博子)
清兵衛と瓢箪(「小僧の神様」収録)(志賀直哉)
知の逆転(吉成真由美 編)
怪力(魁皇博之)
孤島の鬼(江戸川乱歩)
津軽(太宰治)
いつまでもショパン(中山七里)
ステップファザー・ステップ(宮部みゆき)
WILL(本多孝好)
サヨナラ、(廣瀬裕子)
1ケ月のパリジェンヌ(平澤まりこ)
SHIBUMI 上下(トレヴェニアン)
ハイペリオン(ダン・シモンズ)
「李陵・山月記」の中の「「李陵」(中島敦)
エイジ・オブ・イノセンス(イーデイス・ウォートン)
神話・伝説とおとぎ話(海野弘)
こんなにも優しい、世界の終わりかた(市川拓司)
帰ってから、お腹がすいてもいいように思ったのだ。(高山なおみ)
ほしいものは何ですか?(益田ミリ)
捨ててこそ 空也(梓澤要)
お任せ!数学屋さん(向井湘吾)
ある閉ざされた雪の山荘で(東野圭吾)
資本主義という謎(水野和夫、大沢真幸)
平成大家族(中島京子)
下流の宴(林真理子)
素敵な夢を叶えましょう(桑田佳祐)
ひろがる言葉 小学国語(3上)()
球体の蛇(道尾秀介)

■記載者のつぶやき
今回は大きい部屋だったので初めて4テーブルで実施しました。1テーブル当たり6名〜7名だったので脱線話で盛り上がってもあまり時間を気にせずにすみました。
次回も4テーブルで実施かな。

※さいたま読書倶楽部HP
http://www11.ocn.ne.jp/~bookclub/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター