さいたま読書倶楽部
                               

2013年8月24日の読書会

■8/24(土)の14時30分から当会34回目の読書会が行われました。

■今回は浦和コミュニティセンター&コムナーレ9Fで行いました。
 
■参加メンバは女性19名、男性12名の計31名。
 当日は気づきませんでしたが、過去最高の参加人数でした!

■今回も3テーブルでの実施となりました。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)
あん(ドリアン助川)
熱風 2013年7月号()
大延長(堂場瞬一)
最強伝説 黒沢(福本伸行)
それでも人生にイエスと言う(V・E・フランクル)
凸凹デイズ(山本幸久)
銀婚式(篠田節子)
西行花伝(辻邦生)
本屋図鑑(本屋図鑑編集部)
医者に殺されない47の心得(近藤誠)
生の技法(立岩真也、岡原正幸他)
真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)(三遊亭円朝)
「優しい音楽」に収録「がらくた効果」(瀬尾まい子)
植物図鑑(有川浩)
この子を残して(永井隆)
十二単衣を着た悪魔(内館牧子)
関東大震災(吉村昭)
アムリタ(吉本ばなな)
泣き童子 三島屋変調百物語参之続(宮部みゆき)
若者はなぜ3年で辞めるのか?(城繁幸)
悪魔の辞典(ビアス)
アルネ(大橋歩)
きみ去りしのち(重松清)
ヒューマンライブラリィ―事始め(駒沢大ゼミ)
女の脳と男の脳とはどこが違うか?(プレジデント(特集))
キケン(有川浩)
眺望絶佳(中島京子)
爪と目(藤野可織)
女ごころ(サマセット・モーム )
供述によるとぺレイラは…(アントニオ・タブッキ)
残花亭日暦(田辺聖子)
紳士の言い逃れ(土屋賢二)
神は死んだ(ロン・カリー・ジュニア)
都市と都市(チャイナ・ミエヴィル)
残穢(小野不由美)
ブレイブ ストーリー(宮部みゆき)
「死ぬまでに見ておくべき100の建築」月刊カーサ ブルータス2013年8月号()

■記載者のつぶやき
今回は通常読書会+課題本(砂の女)の開催でした。
各テーブルでの意見の「流れ」に多少温度差があったようですが
これも課題本の面白さだと思います。

※さいたま読書倶楽部HP
http://www11.ocn.ne.jp/~bookclub/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター