ふるさと上谷沼 地域創造塾
                             

平成25年 8月 定例自然観察会 (夜)

いつもは毎月第1(土)朝、9:30から行っている定例自然観察会。8月は「夜行性の生き物・植物観察」をテーマに、18時過ぎからスタートしました。

今回は、(公財)埼玉県生態系保護協会の須藤さんがゲストティーチャーとして参加くださいました。

日が暮れてからは、各自懐中電灯片手に歩きました。歩きなれたところでも、やはり雰囲気がだいぶ違うものです。

葛(クズ)の葉が茂っています。よく見ると、葉がくったりと寝ているようです。

葛の葉は3枚で1セット。クローバーやオジギソウと同じく、複数枚の葉が集まって1枚なんだそうです。

手の指で筒型を作り葉を載せ、もう片方の手のひらでうまい具合に葉を打つと、ポン!と音がなります。意外と子供さんも上手に音を出していました。
木の中をよ〜く探すと、実は葉の陰にいろいろな虫たちが隠れています。

これは、マツムシ。

赤い光に見えるのは懐中電灯の明かりですが、虫たちが驚かないように、赤いセロファンを巻きつけているためです。
この美しい花は、カラスウリの花です。
夏の夜に咲くため、昼間は気付かれないことが多いです。

特徴的なのは香り。クチナシの花と同じタイプの香りがします。
共に同じタイプの蛾に集まってもらうため、そして確実にカラスウリの花に受粉させるためだそうです。

競争率の低い「夜」を選んで開花するということも、”植物の知恵”ですね。
確認した植物・生き物
鳥 ツバメ・カルガモ
草 クズ・セイバンモロコシ(外来種)・カラスウリ(花)、ヨシ
虫 バッタ・マツムシ・アブラゼミ・セミの抜け殻
その他  アブラコウモリ  

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター