NPO法人華齢なるケアマネたち
                             

第128回「あなたにとって死とは・・・」       〜ケアマネとしてどう支えるか〜

◆6月勉強会

・開催日:平成25年6月8日(土)
     9:30〜12:00
・場所:浦和コミュニティセンター10F
     第6集会室
・ファシリテーター:N介護支援専門員
・参加者23名
・プログラム
 一部:9:30〜10:00
     情報交換タイムなど
 二部:10:00〜12:00

・テーマ「あなたにとって死とは・・・」
   〜ケアマネとしてどう支えるか〜

★本日のポイント
 今後看取りについては施設のみならず、在宅でも避けては通れない課題になると思います。ご本人や・ご家族の意向に沿った看取りに少しでも沿えるよう、ケアマネとして出来る事を考えていきたい。


≪参加者の声≫
Aさん:「死のメカニズムを知ることで不安軽減に繋がる。落ち着いて支援できるようになれそう」
Bさん:「死を仕事とプライベートで経験し、家族の気持ちに寄り添うことが大事と再認識した」
Cさん:「ケアマネとして、ターミナルケアについての知識・情報・人間性を備えたい。
Dさん:「看取り以外の突然死もあり、家族のメンタルのフォローもしていきたい」
Eさん:「死を取り上げて話し合う機会が今まで無かった。皆の話も参考になった」
Fさん:「その方らしい最期を支えたい」
Gさん:「最近初めて看取りの方を支援した。訪看の方達が居て良かった。」
Hさん:「成年後見人として、死に向かうためのお金の使い方も考えて支援したい。」
Iさん:「救急車を呼ぶのに戸惑っていたが、今後は判断できそう」等々

≪ファシリテーターの振り返り≫
7割に人が在宅死を望んでいるが病院の死が7割以上の現実。ケアマネとして今後死に直面する機会が増えると思われる。死はタブー視出来ない、避けて通れない問題である。この機会に改めて考えたい。
《会員のつぶやき》

 この勉強会で学ぶことは全て仕事に直結して役にたっています。今月のテーマ「死について」最近亡くなって方がいたので、もう少し早く学んでいたら役にたっていたと思う。

≪暑気払い≫
8月の定例会はお休みです。
暑気払いでお会いしましょう。
詳細は後日お知らせします。

                以上 

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター