埼玉ワイズメンズクラブ
                           

第34回心のふるさと歌声集会(朗読と手話で)

第34回心のふるさと歌声集会
(朗読と手話を交えて)
2013年5月11日(土)於:埼玉YMCA浦和センター

朗読:宮沢賢治 童話と詩の世界

  http://youtu.be/8xm0M5WfX7c

手話で歌う:そして思い出
      切手のない贈り物

  http://youtu.be/gBwr6T5LZ_8

歌った曲目:18曲でした。
\弔せ殻、△海い里椶蝓↓8颪里椶
で悗らべ、ッ磴弔漾↓若葉、牧場の朝、┣屬粒后↓そして思い出、切手のない贈り物、小鹿のバンビ、ビビディバビディブー、泉のほとり、一週間
ヴォルガの舟歌、庵羚饕亙の子守歌
吋吋鵐織奪ーの我が家、嘉監讃Р痢碧摸ζ察‐綸帖祖耕遏




毎月第二土曜日の14:00〜15:30
約1.5時間があっという間に過ぎてしまします。
一緒に手話で表現しました。
よだかの星:自然の小さきものへの悲しくもやさしい目。
雪わたり:キックキックトントン
しみ雪しんこ、堅雪かんこ。
真っ白に凍った湖と夜空のお月様。宮沢賢治の童話の中で、自然の色彩と音が溢れてくる。
その詩や童話の心にふれた。

「わたくしは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすき
とおった風をたべ、桃色のうつくしい朝の日光をのむことができます。はたけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろいどや羅紗や、宝石入りのきものに、かわっているのをたびたび見ました。」

雨にも負けず
風にも負けず
・・・・・・・





前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター