田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

6日、7日のボランティア活動は中止です

4月6日(土)、7日(日)は日本列島が春の嵐で台風並の強風雨に見舞われるとの注意報が出ているので、ボランティア活動は中止です。

2013年の二十四節気の清明は4月5日。朝方は雲が一面に広がっていたが、青空が次第に広がり気温は21℃くらいまで上がって風がほとんど無く暖かく、自生地は多くの人で賑わっていた。

先月末から毎日のように来ているバスツアーは今日は3台来ていた。10日までの予定らしいが、北本・鴻巣地区からで年号にちなんだ会費で今年は2013円。桜とサクラソウ見学の日帰りツアーでうまく時期をとらえている。

さいたま市の広報の方が3人取材に見えていた。やはり早いことを懸念していたので、毎年4月25日過ぎに開花するチョウジソウがもう蕾をもって来週には咲きそうな状況を話した。

清明(せいめい)4月4日頃、今年は5日。春うららかに草木が光り輝く。


トウダイグサ科のノウルシは杯状花序という面白い花序を持ち伸びだしている丸いのは子房。
ユリ科のアマドコロは昨年蕾を見たのは4月12日でした。1週間早いようです。
サクラソウは合弁花なので花びらは裂片といい、5裂片が普通ですが写真のように4裂片もあります。
キョウチクトウ科のチョウジソウは昨年蕾を見たのは4月21日。今年は来週には咲きそうです。
サクラソウがもうオギのスダレ越しになりました。ノウルシやスイバの成長が恐ろしい。
キンポウゲ科のヒキノカサは昨年かたまって見られたのは4月13日頃でした。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター