さいたま読書倶楽部
                               

2013年3月23日の読書会

■3/23(土)の15時から当会29回目の読書会が行われました。

■今回はコムナーレ10階とコムナーレ9階の北ラウンジで行いました。
 
■参加メンバは女性15名、男性10名の計25名。

■今回は3テーブルでの実施となりました。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)
歴史読本ワールド特別増刊 アドルフ・ヒトラーの謎()
のぼうの城(谷原章介)
天使のゲーム(上)(下)(カルロス・ルイス・サフォン著 木村裕美訳)
ドイツロマン派全集 「ティ−ク」金髪のエックベルト・友だち(ルートヴィヒ・ティーク)
ビーグル号航海記(チャールズ・ダーウィン)
黒い雨(井伏鱒二)
黄金のバンタムを破った男(百田尚樹)
レミゼラブル106景(鹿島茂)
悪党(薬丸岳)
血の轍(相場英雄)
存在の重み(神谷美恵子)
全国文学館ガイド(全国文学館協議会)
都道府県の持ちかた(バカリズム)
よりぬき読書相談室(本の雑誌編集部)
風の海 迷宮の岸 十二国記(小野不由美)
あい(高田郁)
彼女の命日(新津きよみ)
世界経済「大動乱」を生きのびよ(藤巻健史)
地を這う虫(高村薫)
甦るロシア帝国(佐藤優)
野蛮な読書(平松洋子)
孫子()
「こころ」大人になれなかった先生(石原千秋)
心を整える(長谷部誠)
フライ.ダディ.フライ(金城一紀)
秘密(東野圭吾)
ここまでわかった!邪馬台国(「歴史読本」編集部編)
消された邪馬台国への道(木谷恭介)
末裔(絲山秋子)
いつかパラソルの下で(森絵都)
リアリズム絵画入門(野田弘志)
マザーズ(金原ひとみ)
人間の運命(ショーロホフ 米川正夫/漆原隆子訳)
新訳 リチャード契ぁ淵轡Дぅスピア 河合祥一郎訳)


■記載者のつぶやき
トランプを使用して3テーブルに分けてますが、今回は男女比が偏りました。
あるテーブルは女性7男性2、あるテーブルは女性2男性6。
また「この人とはよくいっしょになるなぁ」とか「あの人とはあまり同じテーブルにならない」とかの偏りもあるようです。平準化できる手法があったら教えてください!

※今回の読書会の詳細
http://grasswonder.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/03/220133_ac6b.html

※さいたま読書倶楽部HP
http://www11.ocn.ne.jp/~bookclub/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター