田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

ノウルシがはや花をつけ始めました

2013年3月5日は穏やかに晴れて、最高気温は13℃くらいになり、まさに啓蟄そのものでした。明日からは急に暖かくなり4月下旬並みの暖かさになるとの予報です。

昨年の今日は終日冷たい雨で、6日は4月下旬並みの気温になりましたが長続きせず、サクラソウは3月28日と近年では最も遅い開花でした。ちなみに2011年は25日。2010年、2009年は14日でそれに比べると14日も遅い開花でした。

それにしてもノウルシが多い、こんなに多いのは初めてのような気がしますが、去年も同じようなことが書いてあるので、あまり変わらないのかもしれませんが、とにかくサクラソウに頑張ってほしいものです。

啓蟄(けいちつ) 冬ごもりの虫が地中からはい出るころ。太陽暦で3月6日ごろ。今年は5日。

E区の南斜面で早くも花をつけたノウルシ

自生地は一面黒褐色だったのが、土色に近くなり、一部では薄い緑色も感じられます。
サクラソウ 花言葉は「若い時代の苦悩・悲しみ」早春に花を咲かせるので蝶などが少ないことからか。まだ花芽はつけていない。
ノカラマツはキンポウゲ科の多年草。花弁が無く萼も早く落ちるので、葯だけが目立ち花は黄色く見える。全国的には絶滅危惧粁燹
ハナウドはせり科の多年草。川沿いなど主に湿地に生える。初夏に小さな白い花が集まった大型の花序をひろげる。
ゴマギ(胡麻木)はスイカズラ科の落葉低木。樹皮や葉を傷つけると胡麻のような香りがするのが名の由来。鴨川べりにある。
ノビルはユリ科の多年草。道端や土手などに普通に生え鱗茎を食用にする。花は淡紅紫色で美しい。珠芽をつける。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター