民話の会どんとはれ
                               

7年目で初めての新年会語りに約100人の盛況

日時:平成25年1月23日(水)13:50〜14:40
場所:さいたま市 介護保健施設サンビュー埼玉  3階 談話室
参加者:6名
聞き手:職員10数名を含む、約100人

サンビュー埼玉での民話語りは7年目になるが、今回初めて「新年会」での語りを依頼されて実施した。皆さんが、熱心に耳を傾けてくれた。
← 主催者あいさつ

「どんとはれ」の紹介をする司会者の川崎隆男(左から二人目)
「笠地蔵」:的場政幸、ジョイサー、ジョイサー、雪を踏む地蔵さんの足音にじっと聞き入る。
「半人前の末太郎」:熊谷康夫、弱虫の男が天狗から力を授かった日高の話に、うなづきが。
「シャボン玉」:川崎隆男、口遊び手遊びで、皆さんリラックス。
「見れば見るほど」:間中喜久江、醜女の嫁をもらったが、でも口、鼻、目はあるところに無いと困るので、とうとう納得したと。
「庚申様の日に祝言をあげた人の話」:坂巻外史、庚申様の力を借りて、頭髪の薄い女と醜男が得心し、夫婦になった。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター