田島ケ原サクラソウ自生地を守る会
                               

草焼きは1月30日(水)に変更のようです

今朝は草焼きを30日に実施予定のポスターが架かっていた。昨日の昼にはまだ未定のポスターだったので午後に架け替えたようだ。

自生地を俯瞰するとオギやヨシの枯野に見えるが、つる植物で倒伏した所と刈り取った所はまだ雪に覆われている。柵から3m幅くらいで刈り取ったようだが、オギなどが雪で倒されかなり広がっている所もある。

14日に降ってからもう1週間近くなるが、昼に溶けても夜の冷え込みで元に戻ってしまう繰り返しのようだ。天気予報によると火曜日にはまた雪の予報だが雨になるのを願うより他ない。

大寒(だいかん) 2013年は1月20日で冬の最後の節気。厳しい寒さが続くが、自生地ではハンノキが開花の準備をはじめ、ノウルシをはじめとする早春の植物が芽を膨らましつつある。

富士山が遠望でき、志木街道堤防の南面は雪がまったく無い穏やかな大寒の朝。

中央観察路を旧志木街道堤防上から俯瞰。観察路は霜柱と雪の氷粒で歩くとサクサク音がした。
北観察路を公園側から望む。雪はほとんど変わらず変わったのは隅のポスターに日時が入ったのみ。
アカメヤナギと空井戸の周囲は降雪が少ないのかほとんど雪がありません。
眉斑が白い冬鳥のツグミには雪景色がよく似合うが・・・・。
ハンノキの雄花序も雌花序もかなり赤くなり開花が近そうな感じです。
気の早いノウルシはもう赤い芽を出している。30日まではサクラソウも・・・。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター