さいたま読書倶楽部
                               

2012年11月24日の読書会

■11/24(土)の15時から当会25回目の読書会が行われました。

■今回はコムナーレ9階の北ラウンジで行いました。
 
■参加メンバは女性7名、男性11名の計18名。

■今回は3テーブルでの実施となりました。

■紹介された本は以下の通りです。(著書敬称略)

ルーズヴェルト・ゲーム(池井戸潤)
大停滞(タイラー・コーエン)
つるかめ助産院(小川糸)
食堂かたつむり(小川糸)
クロイツェル・ソナタ/悪魔(トルストイ)
偏見というまなざし〜 近代日本の感性(坪井秀人編)
ドラキュラ学入門(吉田八岑・遠藤紀勝)
マテオ・ファルコネ(「カルメン」から)(メリメ)
パン屋再襲撃(村上春樹)
キッチン(吉本ばなな)
セントヘレナ抄(ナポレオン遠島始末)(両角良彦)
高田屋嘉兵衛(生田美智子)
ひとりよがりのものさし(坂田和實)
永遠の都/雲の都(加賀乙彦)
アラブの春の正体(重信メイ)
死の勝利(ガブリエーレ
ダヌンツィオ)
脳を創る読書(坂井邦嘉)
読書について 新訳(ショウペンハウエル
渡部昇一抄訳)
よべこき(安藤紫香)
青年(森鴎外)
草枕(夏目漱石)
小さいおうち(中島京子)
小説 田中久重(童門冬二)
プラチナデータ(東野圭吾)
トリツカレ男(いしいしんじ)
海からの贈物(アン・モロウ・リンドバーグ (著)吉田健一(訳) )
骨の記憶(楡周平)
新幹線お掃除の天使たち(遠藤功)

■記載者のつぶやき
今回は18名で3テーブルなので1テーブル6名で実施。
一人当たり20分強の時間配分でしたが、時間が少し余ったチームもあれば
足りなかったチームもあったようです。
余っても雑談に花が咲くようなので、暫くはこのくらいの人数配分で実施してみたいと考えてます。

※今回の読書会の詳細
http://grasswonder.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/11/201211_ea95.html

※さいたま読書倶楽部HP
http://www11.ocn.ne.jp/~bookclub/


前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター