民話の会どんとはれ
                               

立ち見も出て賑わった“第5回昔ばなし口演会”

開催日:平成24年10月29日(月)13時30分開演〜
会 場:浦和駅東口、コムナーレ9階第15集会室

 会場設営は、手慣れた会員12名の意気のあった連携プレーで2時間ほどで完了し、一同は音響確認をしながら各自の練習を行った。緊張感がなんとなく漂う中で全員の記念撮影を行い、一年の締めくくりである「昔ばなし口演会」の開演を待ち構えた。
 開演1時間ほど前からお客様がお見えになり始めて、受付を早めてオープンした。午後1時過ぎには用意した椅子席はほぼ埋まってしまい、座席がなくて立ち見となり、申し訳のないことであった。 ↓ 会場設営を終えて皆さまのご来場を待つ一同


 
   

挨拶する米山正順会長
後方から見た満員の会場風景
会場右側から見た会場風景
1番「桃売り」:坂巻外史
2番「やまんばのにしき」:
鶴田正枝
3番「子は宝」:的場政幸
4番「鹿の湯」:蓑輪政一
5番「片目の鯉と蓮」:
星野喜美子
6番「目黒のさんま」:外川澄輝
7番「相撲をとる貧乏の神」:
長澤昭洋
8番「ねずみの相撲」:米山正順
9番「座敷わらし」:
間中喜久江
10番「びっこ狐」:熊谷康夫
11番「年寄り売り」:川崎隆男
12番「木仏長者」:星野スエ子

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター